診療メニューMenu

審美歯科Aesthetic dentistry

セラミックの前歯の治療に自信あり

  • 当医院の審美歯科ではセラミックの色や形などで
    歯の本来の美しさを再現いたします。
    銀歯を白い歯に変えたい方、変色したプラスチックの歯を
    白くしたい方、まずはカウンセリングにお越しください。

  • オールセラミックにおいては、
    熟練した技工士の立ち合いで
    色、形に徹底的にこだわり作成します。

当院のセラミックが美しい5つのポイント

キレイで自然な歯を作るためのポイントを押さえている

  • Point01

    ゆるやかなカーブのスマイルライン

    審美歯科

  • Point02

    歯の大きさを黄金比にする。

    審美歯科

  • Point03

    歯の角度を内向きいする。

    審美歯科

  • Point04

    顔の中心と歯の中心を合わせる。

    審美歯科

  • Point05

    前歯と黒目の横のラインを平行にする。

    審美歯科

入れ歯Dentures

自費診療の入れ歯に自信あり。
インプラントは怖い・・
でもおいしく食べたい方へ

今までのスマイルデンチャー、に加えてプレミアムデンチャーが新登場致しました。
御希望の方は、お気軽に御相談下さい。
尚、プレミアムデンチャーは症例によっては、熟練した技工士の立ち合いで作成致しております。
(注)保険診療では対応しておりませんので御了承下さい。

以下のようなことでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

  • 入れ歯でお困りの方

    • 入れ歯をすると痛みがある。
    • 入れ歯を作ったが、しっくりこない。
    • 見た目が気になる。
    • 入れ歯が外れてしまう。
    • 美味しく食事ができない。
  • インプラントでお悩みの方

    • 高額なインプラントを勧められて困っている。
    • インプラントを薦められたが、手術をするのが怖い。
    • インプラント治療に失敗した。
  • お口のトラブル

    • 虫歯や歯肉炎で歯にぐらつきがあり、しっかり噛めない。
    • 健康な歯を削って、ブリッジをしたくない。

はぐきの腫れSwelling of the gums

歯を失ってしまう前に・・・歯周病(歯槽膿漏)は早期発見・早期治療が大切です。
歯周病(歯槽膿漏)は誰でもかかる可能性のある生活習慣病です。
初めは自覚症状が全くありませんが、放置しておくと歯がグラグラして抜けてしまうという怖い病気です。
少しでも気になる方は、当医院へお気軽に御相談下さい。

歯周病は一般的な病気であると同時に、進行すれば「糖尿病」「心臓病」「早産」とも関連があると言われる恐ろしい病気です。
研究が進み、今ではお口の中だけの病気ではないというのが専門家の共通認識です。
しかしながら歯周病はしっかり検査・治療をすれば、本来それほど恐れる病気ではありません。
進行する前にお早めの受診をおすすめします。

歯が痛い・しみる 虫歯治療Caries treatment

可能な限り「痛くない」虫歯治療

実際の虫歯治療は麻酔をかけてから行うため、本来であれば痛みは感じません。
しかし、肝心の「麻酔をする際の(注射)の痛み」が問題です。ふくち歯科医院ではこの痛みに対処できれば、どなたでも快適に治療を受けられると考えています。
当院では、治療中もそうですが、「麻酔を打つ」際の痛みの軽減も工夫しております。

①治療前に治療プロセスを丁寧に説明し、不安・緊張を解消
②痛みを最大限抑えた最新技術の麻酔器を使用
③どうしても苦手な方には表面麻酔を使用
④経験豊富な歯科医師が丁寧に施術

上記のプロセスで、当院ではお子様を含むほとんどの患者様が問題なく治療完了されています。

可能な限り「削らない」虫歯治療

当院では、歯の寿命を可能な限り伸ばすため、「できる限り削らない」治療体制をとっております。
仮に削る場合でも歯を削る量を最小限に抑える治療を行っています。

インプラントImplant

安全・安心・確実なインプラント治療

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった部分にインプラントという人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を被せる歯科治療です。
咬み心地もご自身の歯と同様に快適で、人工歯の色や形などは現在の患者様の残っている歯に合わせることができます。

入れ歯と何が違う?インプラントの特徴

部分入れ歯に比べてわずらわしさが無く、歯があった時と同様に美味しく食事をする事が出来ます。
入れ歯で起こりがちな口臭や、不快感などを気にしなくて済みます。
また、ブリッジのように、前後の歯を削る必要はありません。
インプラント治療は周りの歯、歯茎を傷つけることなく、歯を失ってしまった場所をピンポイントで治すことが可能です。

妊婦さんの歯の治療Pregnant woman

出産前に歯の治療を済ませましょう

妊娠すると、女性ホルモンのバランスが変化し、唾液の分泌量が少なくなるなど、お口の状況も変化しがちです。
妊娠中は、歯のリスクがもっとも高くなる時期。妊娠中ならではの適切なケアで、大切な歯を守っていきましょう。
また妊婦さんの歯の治療では、妊婦さんだけでなく、授乳中の方やお腹の中で育っているお子さんも対象としています。
3歳くらいまで虫歯菌の感染を避けることができれば、永久歯が虫歯になるリスクがかなり軽減されることが報告されています。
産後の虫歯菌の母子感染を防ぐためにも、妊娠中には一度歯科検診を受けてお口の環境を整え、虫歯菌の数を減らしておくことをお勧めします。

妊娠中治療の最適時期

安定期の5~8ヶ月の間がベストです。

この時期は精神的・身体的に安定していますので出来る限りこの時期に治療を終わらせるように計画を立てます。
妊娠後期は出産が控えてきますので身体的にきついですので、無理をされない程度の治療を行っていきます。

口腔外科・親知らずOral surgery

口腔外科・親知らずの治療について

院長も口腔外科勤務の経験がありますが、月に数回程度、口腔外科専門医をお招きし、大学病院レベルの口腔外科手術をおこなっております。
難しい親知らずの抜歯、のう胞摘出、歯周外科などの治療を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

ホワイトニングWhitening

ホワイトニングで明るく清潔感のある口元に

いつも歯磨きをしっかりしているのに、黄ばみが落ちないとお悩みではありませんか?
その原因は年齢とともに歯に沈着してしまった色素。
歯の表面のエナメル質が徐々に削られて薄くなっていくとともに、内側にある象牙質の黄色味が年々増すため、透けて見えてしまうのです。
そのような場合は、ホワイトニングをお勧めします。
当院では、歯のホワイトニング(オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング)の他に、歯茎のホワイトニング、神経が死んだ歯への対処も行っております。
患者様の都合のよい方法をご提案させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯のお掃除クリーニングCleaning

予防歯科とは、虫歯や歯周病、その他のお口の病気にならないために「虫歯になる前に」対策をとることです。
主な対策は「ご自宅のケア」と「歯科医院でのケア」です。
できれば月一回、忙しい方でも2~3ヶ月に一回の通院が理想的です。
歯科医院でのクリーニングでは日頃のブラッシングでは除去できないバイオフィルム・歯石・歯垢を除去でき、これにより「本来の歯の白さを引き出し維持できる」という嬉しい副効果もあります。
これは歯石などを除去するとともに、歯磨きでは落ち切れないヤニ汚れ、茶渋などの着色も一緒に除去できるためです。
虫歯や歯周病予防には、実は食事の内容・回数・時間帯、喫煙習慣、ストレス、睡眠時間など「生活習慣」も大きく影響しています。
これらが原因で虫歯・歯周病を誘発していることが多々あるのです。
当院の予防歯科では、これらを総合的にアドバイスさせていただいています。

詰め物・かぶせ物が取れたStuffing

詰め物・被せものが取れる原因は様々ありますが、中が虫歯になっていて取れてしまう事が良くあります。
取れたまま放っておくと神経を取ることになったり、ひどいと歯を抜かないといけないことがあります。

詰め物・被せ物が外れてしまったときは、早めに当院にお越しください。
もし可能でしたら、外れてしまった詰め物や被せ物をご持参くださいね。

また取りにくいような治療をご提案させて頂きます。

小児歯科Pediatric dentistry

気が付いたら終わっていた?!お子様に大好評のTV付シート

大人と子供の治療スタイルは異なります。
当院ではあくまでお子様の目線を意識した治療を心がけています。
またお子さまが少しでもリラックスできるよう親子同席での治療やアニメを見ながら治療ができるTV付シートを設けています。
また小児期の虫歯予防はとても大切です。
同伴の保護者様へ普段から意識して頂きたい生活のアドバイスも必要に応じて提案させていただきます。

自由診療についてFree medical care

自費診療(自由診療)とは

ライズデンタルクリニックでは、患者の皆さまに最高の治療を施せるよう、日々努力し続けておりますが、厚生労働省が定めた保険治療の範囲内ではできることに限りがあるのが現状です。
自由診療とは、保険の範囲を超えて治療を行うことをいいます。
最先端の治療法やインプラント、矯正治療など、その人にあった最善の方法を選択することが可能になります。

●治療の方法や技術など自体に保険が適用されない場合(インプラント、矯正など)
●治療に使用される材料に保険が適用されない場合(入れ歯、セラミック、ハイブリッドなど)
の2パターンがあります。

自由診療のメリット

  • 審美歯科

    耐久性がよくなる

    耐久性のよくなるような治療法が選択できるため、保険治療よりも長持ちします。
  • 審美歯科

    違和感の少ない治療ができる

    細かい部分をそれぞれの患者様に合わせながらの治療が行えるので、噛む力に影響を及ぼさず、違和感を少なくすることができます。
  • 審美歯科

    見栄えの良い治療ができる

    インプラントや入れ歯など、保険治療でまかなえない技術により見栄えの良い治療が可能になります。
  • 審美歯科

    生活の質の向上につながる

    違和感が少なく、見栄えの良い治療が行えると、歯への不安が解消され、お食事が楽しくなったり会話をすること自体が楽しくなっていきます。 質の高い治療を行うことは人生をより楽しく過ごすことにつながります。

自由診療を選ぶ時に考えたいこと

健康な体は健康な歯からという考えがあります。
実はお口の健康は全身の健康に大きく影響することがわかっているのです。
特に歯周病の細菌が原因で心臓疾患を引き起こしたり、ガンや老化、リウマチ等になることが医学的に証明されています。
また、最近では認知症との関連も報告されてきています。
以上を踏まえると、自由診療を選び、ご自分にあった治療をしっかりと行うことは決して高くないといえます。 十分に検討してみてください。
ご不明な点がございましたら、ふくち歯科でも詳しく説明いたします。